Delirium2017/Kleinknecht  デリリウム2017/クラインクネヒト 

2,900円(税込3,190円)

在庫状況 残り5本です

購入数

ワイン名:デリリウム
生産地:フランス/アルザス
生産者:クラインクネヒト
ブドウ品種:2017年のピノブラン50% 2014〜2016年のシルヴァネール ピノブラン ピノグリ ゲヴュルツトラミネール50%
原産地呼称:ヴァン・ド・フランス
ヴィンテージ:2017
アルコール度:13%
容量:750㎖
※酸化防止剤無添加

(テイスティングコメント)
綺麗な夕焼けを思わせる茜色。少しの金属の香りと還元しニュアンスが感じられます。スワリングすると、奥から上がってくる優しいベリー系やトマトの香り。アタックは若々しく、ほのかにピチピチとした微発泡。トマトとラズベリーを掛け合わせたような果実味とフレッシュな酸が瑞々しさと爽やかさを与え、これからの季節にピッタリな軽やかなワインです。4ヴィンテージのワインをブレンドしたというユニークな造り。アルザス期待のナチュール生産者、クラインクネヒトの数量限定オレンジワインです。
(2021年5月 店長)

ツンと立ち上がるホワイトバルサミコのような揮発酸がトップの香りを覆っていますが、奥から湧き出る旨味のある果実香。フルーツトマトのジュを思わせる旨味と酸、ピノ系品種由来の赤いサクランボ。オーストリアのヨハネス・ツィリンガーを彷彿とさせるヴィンテージブレンド。個々の要素はシンプルながら複数年のワインを重ねることに由来した何層にもわたる味わいの層が面白い。サワーエールのような酸とブレット。青カビチーズを思わせる香味が逆にユニーク。奥に豆っぽさが見え隠れするが、表に出てこずにキープされています。伸びやかでドライ、香りが鼻に残る余韻。似たものがあまりない個性だからこそ前向きに楽しみたい好奇心旺盛なあなたに。(2021年5月 助手)

(ワインについて)
デリリウムとは大きな混乱状態を意味し村の芸術家が描く旋風をエチケットに描きました。14年と15年の4品種のワインをベースに16年のピノブランの果汁とピノグリの搾りかすを加え醸し、発酵・熟成したもの(50%)に17年のピノグリなど(50%)をソレラシステムに従い継ぎ足しました。

(生産者について)
ストラスブールのバーラン県に位置する小さな村、MITTELBERGHEIMに7代続く名門KLEINKNECHT家。長男アンドレ・クラインネクト氏は1968年8月4日生まれ。1991年からワイナリーを手伝い、醸造家として25年以上の経験豊富な乗りに乗った働き盛りの生産者です。
1998年にBIOに切り替え、2012年からビオディナミ農法に切り替えました。デメテールには2014年から申請。瓶詰めはお爺様の時代から始め、お父様の時代は馬で畑を耕しておりました。今は馬を手放してしまったけど、時々友人の馬で畑の一部を耕しております。畑は無農薬ですが、ナチュラルワインに切り替えたのは最近です。彼のラインの半分以上は無農薬ワインですが、醸造過程に拘るナチュラルワインではありません。SO2を使用しないワインの存在は知ってはいたけど、なかなか踏み切れませんでした。そんな時、クリスチャン・ビネール氏やパトリック・メイエー氏と出会い、「自分でも実践してみよう!」と決意しました。
 ピノブラン33%、リースリング29%、ピノグリ9%、ミュスカ1%、ゲヴュルツトラミネール10%、ピノノワール8%、シャルドネ2%、シルヴァネール2%他6%を栽培。実は今、どんどんピノノワールを植樹しています。
 ナチュラルワインへは2015年に転向しましたが、畑に対する愛情・知識は半端ではありません。ドイツ人のような几帳面な性格で、一つ一つ慎重に丁寧に仕事を進めます。これからも楽しみな優良生産者です。
(輸入元より抜粋)

ギフト対応について

ラッピング内容はこちら

レビューはありません。