Blanc-Sain 2021/ Arnaud Combier ブラン・サン2021/アルノー・コンビエ

3,000円(税込3,300円)

在庫状況 残り7本です

購入数

ワイン名: ブラン・サン
生産地:フランス/ブルゴーニュ/ボージョレ
生産者:アルノー・コンビエ
ブドウ品種:シャルドネ
ヴィンテージ:2021
アルコール度:13.5%
容量:750㎖

(テイスティングコメント)
抜栓仕立ては、トーストやナッツ・ほんのりバニラの樽香と燻した香り、後から熟した青りんごや洋梨!クリアで華やかな香りが漂います。ミネラル感と瑞々しさ、熟した果実、樽のニュアンスのバランスがとっても心地よいワイン。この価格帯では、特出している美味しさ。あともう一杯…と手が伸びますよ。(2022年12月 店長)

(ワインについて)
シャルドネ100%。ランシエ村のシャルドネを手摘みで収穫。圧搾後、セメントタンクにて発酵。バリックとタンクで半年間熟成。瓶詰前に少量の亜硫酸を加え瓶詰め。SO2total 14 mg/l。

(生産者について)
アルノー・コンビエは、ボーヌのVITIで学んだ後、マコン地区のドメーヌ・ヴァレットでフィリップと最初のステップを踏みました。今でも非常に親しい友人です。その後、プリセのセラーで醸造を行い、シャブリのコルボワで3年間醸造を行いました。その後可能な限り自然なワインを造りたいという思いから、1998年に祖父のサン・ヴェランの畑を引き継ぎました。その後10年以上にわたって自然環境に配慮し、人為的な介入をさけたピュアなワイン造りを実践し活躍しました。しかし、この念願のワイン造りは長くは続きませんでした。長男が亡くなったとき、相続に際して管理できる畑の面積が大幅に減ってしまい、自身で所有する面積のみでは生計が成り立たないほどになってしまいます。結果としてマコン地区でのワイン造りを断念。その後、南仏に移り醸造責任者の仕事につきながらワイン造りを行っていました。ある日、ペズナスでジェフ・カレルと出会います。ビオディナミーのコンサルとしても著名なジェフと一緒にネゴシアン、醸造責任者、熟成担当者として活躍し始めました。それは、彼の人生において自然なワイン造りを追求しているとき、援助が十分得られず悔しい思いをしたことへの自分なりの答えです。今まで培ってきたワイン職人としての経験と技を惜しみなく続く世代に継承しています。そして、彼は2018年にシャンドン・デ・ブリアイユのフランソワ・ドゥ・ニコライが15年前に友人2人と造ったで知られるドメーヌ・デ・モリエに加わります。ジェフとフランソワとのパートナーシップによりボジョレーにて自然なワインを目指す生産者を援助しながら彼自身のワイン造りを追求し始めました。20年以上にわたるワイン職人としての集大成です。(輸入元より抜粋)

ギフト対応について

イメージはありません。

レビューはありません。