Green Songs Amber Pinot Gris2020/Green Songs グリーンソングス アンバー ピノグリ2020/グリーンソングス

3,400円(税込3,740円)

購入数

ワイン名:グリーンソングス アンバー ピノグリ
生産地:ニュージーランド/ネルソン
生産者:グリーンソングス(小山浩平)
ブドウ品種:ピノ・グリ100%
地理的表示:ー
ヴィンテージ:2020
アルコール度:12.5%
容量:750㎖

(テイスティングコメント)
透明度の高い茜色。開けたては、還元香。ピンクローズのような華やかな香り、また果実香が相まって、キャラメルやナッツのような風味もあります。ほんのりのタンニンが醸し出すコクが、深みを与えているミディアム・ボディ。
果皮がピンク色したピノ・グリを使用した、ニュージーランドのアンバー=オレンジワイン。ヨーロッパのオレンジワインとは、ちょっとテイストの異なるロゼのような雰囲気を持つ、独特なスタイルの1本です。(2021年7月 店長)

(ワインについて)
手摘みで収穫後に除梗して開放桶で20 日間のスキンコンタクトしたアンバーワイン。フレンチオーク 内 で 100% マ ロ ラ クティック発酵も。

(生産者について)
『グリーンソングス』は、日本人栽培醸造家の小山浩平氏(以下、コウヘイ)により 2014 年に設立されたワイナリー。南島のネルソンにてパーマカルチャー・エコビレッジである Atamai Eco Village で、循環可能性が高く、体に優しくかつ香り豊かなワインづくりを志向して設立されました。パーマカルチャーエコビレッジであるアタマイビレッジでは、葡萄栽培からワイン醸造まで全ての作業をコウヘイが手作業で手掛けていきます。
 コウヘイは青森県出身。大学卒業後、東京、ロンドンでビジネスの世界を 11年間経験します。一方で元々母方が山形の酒蔵の家系ということに加え、英国在住時にワインの奥深さに魅了され、自然環境の中でワイン作りを行うべく、2011 年にニュージーランドに渡りました。南半球で最も古い農業学校で世界的な研究機関でもあるLincoln 大学の葡萄栽培・ワイン醸造学科を日本人で初めて首席で卒業し、その後 Bell Hill Vineyard(NZ)Greystone/Muddy Water(NZ)、DuMOL(カリフォルニア)等にて、葡萄栽培・ワイン醸造業務を経験しました。2017 年にアタマイビレッジワインズから現在のグリーンソングスにワイナリー名を変更。その後、「富乃宝山」「吉兆宝山」などの芋焼酎で知られる西酒造が、北島のワイララパで取得した「Gladstone Urlar」の栽培醸造責任者にも就任しています。グリーンソングスのラインナップも更に拡充し、ワイン造りの幅を広げています。(輸入元より抜粋)

ギフト対応について

レビューはありません。