Arbois Pinot/Poulsard/Trousseau "Friandise"2018 アルボワ・ピノ・プールサール・トゥルソー爛侫螢▲鵐妊ーズ″2018/ジェローム・アルヌー

3,500円(税込3,850円)

在庫状況 残り2本です

購入数

ワイン名:アルボワ・ピノ・プールサール・トゥルソー爛侫螢▲鵐妊ーズ″
生産地:フランス/ジュラ
生産者:ジェローム・アルヌー
ブドウ品種:ピノ・ノワール、プール・サール、トゥルソー
原産地呼称:アルボワ
ヴィンテージ:2018
アルコール度:12.5%
容量:750㎖

(テイスティングコメント)
淡いルビーの色調、鉄のような金属っぽさ、ラズベリーやレッドチェリー、ナツメグやシナモンのスパイス香、燻したニュアンスも。酸とタンニンはしっかりで若々しさはありますが、果実由来のもの醸造由来のもの、全てのバランスが綺麗に溶け合っています。繊細な果実味は、良きボーヌのブルゴーニュを思わせる味わいで、出汁や醤油を使った和食にも合わせやすそう。やや温度を上げて楽しむと、酸とタンニンが程よく絡み合い心地よく楽しめます。(2021年4月 店長)

ジュラの代表的な黒ブドウ全部盛りな贅沢なトライアングル。レモングラスの清涼な香り、紅茶葉、日本のサクランボ。甘酸辛苦が混ざり合った表情豊かな香り。アルボワらしい大らかなスケール感はこのワインが最も表現できています。淡いパステルカラーを重ねて描くような世界観。瑞々しいサクランボを中心に、日本の果物が連想され、バラの香りを伴う淡いタンニンと張りのある広がるような余韻。神経質な酸味、緊張感を強いるような味わいではなく大らかで身も心も弛緩させてくれるような構成が良い。かつてブルゴーニュ公国の一部だったジュラを敢えてブルゴーニュとして解釈するならば非常にお買い得な村名ワインという位置づけも納得です。
(2021年4月 助手)

(ワインについて)
土壌は粘土石灰質、南東向きの畑。50%は除梗、50%は除梗しないでマセラシオンカルボニック。
軽くピジャージュしながら20日間のキュヴェゾン。野性酵母にて発酵。熟成はタンクで3か月。少量のSo2を添加して瓶詰。

(生産者について)
1997年にステファン・ティソ氏が立ち上げたジュラのネゴシアン。現在はティソで長年勤めたジェローム・アルヌー氏が醸造指揮を執っています。このネゴシアンのブランドとして「レ・キュヴェ・ジェローム・アルヌー」と「ラ・カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌ」があります。栽培・醸造責任者であるジェローム・アルヌーは葡萄畑を所有しており、その畑の葡萄を「ル・セリエ・デ・ティエルスリーヌ」が買い取る形でワインを造っています。
(輸入元より抜粋)

ギフト対応について

ラッピング内容はこちら

レビューはありません。