Crozes-Hermitage Rouge2018/Domaine des Entrefaux クローズ・エルミタージュ・ルージュ2018/ドメーヌ・デ・ザントルフォー

3,400円(税込3,740円)

購入数

ワイン名:クローズ・エルミタージュ・ルージュ
生産地:フランス/コート・デュ・ローヌ
生産者:ドメーヌ・デ・ザントルフォー
ブドウ品種:シラー100%
原産地呼称:クローズ・エルミタージュ
アルコール度:14%
容量:750㎖

(テスティングコメント)
深い紫を帯びたルビー色。甘く立ち上るカシスやカレンツ、熟したブラックベリー、黒系ベリーを煮詰めたような力強い香り。ややインクのようなニュアンスは北ローヌのシラーっぽさをきちんと感じさせます。口当たりは力強く、健全な果実の瑞々しさが広がります。端正なタンニンはしっかりと熟しており、余韻まで心地よく残ります。高めのアルコールとのバランスもしっかり取れています。北ローヌのワインではありますが、緊張感を飲み手に強いることのない味わいは、やや脱力感のあるクローズ・エルミタージュというアぺラシオンを象徴しています。
(2021年2月 店長)
href="https://lapetitevigne.biz/2021/02/10/%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a8%e8%b5%a4%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3/">ブログはこちら

(ワインについて)
丸い小石が混じる粘土石灰で育まれたシラーを除梗しセメントタンクで2〜3週間醸し後、セメントタンクと木樽で12 ヶ月熟成し、無濾過・無清澄で瓶詰めしました。

(生産者について)
ローヌ地方、クローズ・エルミタージュの小さな村メルキュロルの小高い丘の上にドメーヌ・デ・ザントルフォーはあります。土壌の力を最大限に生かすため、ブドウ畑を取り巻く自然環境に配慮し、2000年から除草剤や化学肥料を一切使用しないビオロジック農法を取り入れ、2007年からは全ての畑において実践しています。
生産者としての評価もうなぎ登りで、フランス国内では地元ヴァランスの三ツ星レストランにもオンリストされる、実力派ドメーヌです。
(輸入元より抜粋)

ギフト対応について

ラッピング内容はこちら

レビューはありません。