Sota Mon Soleu Vin de France(2019)/Mas de L'Escarida ソタ・モン・ソレウ ヴァン・ド・フランス/マス・ド・レスカリダ

2,900円(税込3,190円)

在庫状況 在庫1本です

購入数

ワイン名:ソタ・モン・ソレウ ヴァン・ド・フランス
生産地:フランス/アルディッシュ
生産者:マス・ド・レスカリダ
ブドウ品種:メルロ100%
原産地呼称:ヴァン・ド・フランス
ヴィンテージ:N.V.(2019)
アルコール度:14%
容量:750㎖

(テイスティングコメント)
濃い深みのある色調。ブルーベリーを練り込んだヨーグルト、集中力のある香りがグラスから飛び出てきます。
熱量の高いミレジムならではの甘く凝縮した香りながらくっきりとした果実。腐敗や不衛生さ、危うさが皆無で香りにブレがありません。凝縮と奥行きがあり、両年のボルドー右岸(樽の要素なし)を思わせるダークフルーツ、ブラックカラントにわずかなナツメグの要素が果実の甘さを引き立てています。凝縮度の高い黒系果実ですが、口の中に含むと驚くほど軽やかにほどけていき、喉の奥に滑り落ちるように流れ込む瑞々しさがこの造り手の真骨頂。
果実と同調した細かいタンニン、奇麗に巡る酸の支えも心地良いバランス。黒果実と上質なメルローに感じるココナッツを思わせる風味を伴う余韻。
温暖なミレジムの魅力をしっかりと出しながらも酸化防止剤ゼロのワインに散見されるネガティブな要素は全く感じない、アルコール度数14%が身体に染み込んでいく傑作。
(2021年1月 助手)
ブログはこちら

(ワインについて)
「私の太陽の下」という名のワイン。標高500メートル、南南東向き。三畳紀の砂岩の上に砂、シルト、泥土。樹齢35~40年のブドウから造られます。除梗して破砕せず4日間マセラシオン、ルモンタージュ・ピジャージュはしません。
天然酵母。圧搾後、ステンレスタンクでアルコール発酵、マロラクティック発酵。8か月間タンク熟成。SO2添加せず。濾過・清澄ともにしません。
※酸化防止剤無添加の為、温度や環境の変化に敏感です。必ず、15℃以下での保管の徹底をお願い致します。

(生産者について)
新たなヴィニュロンの群雄割拠が目覚ましいローヌ地方アルデッシュ地区に、本拠地を置く、マス・ド・レスカリダ。
オクシタン語で“運命の家”を意味します。
アルプス出身のローラン・フェル氏は、元々ワイン造りではなく地図製作者として活躍していました。
アルデッシュで葡萄畑での収穫を経験後、一念発起しボルドー大学へ葡萄栽培学と農業を学び、2006年には農業エンジニアの資格を取得し、彼のワイン造りはスタートします。
ローラン氏の一番の哲学はテロワールをワインに表現することです。
アルデッシュ・サニヤック村のテロワールはとにかくミネラル感、フレッシュ感、酸味、飲みやすさ、旨みが特徴的です。
その味わいを素直に反映させるために、できるだけ人の手をかけない醸造法、シンプルな醸造を心描けています。
『葡萄の味、テロワールの表現、そしてビュヴァビリテ(飲み心地の良さ)。それだけさ。』と彼は語ります。
また、必要な時以外は亜硫酸を添加しません。葡萄とテロワールの味の表現を楽しんでほしいこと。これが無添加のワインを造り始めた大きな理由なのです。
(輸入元より抜粋)

ギフト対応について

ラッピング内容はこちら

レビューはありません。